HOME > 基礎事業本部 > 各種工法の紹介 > 地中連続壁工法

連続壁工法地中連続壁工法

概要

地下連続壁工法とは、地下を壁状に掘削し、その箇所に鉄筋コンクリートの剛性壁を構築し、
山留め壁や止水壁、剛体基礎等に利用するものです。
近年、用途の拡大および特殊工法の進歩により、いろいろな現場条件にも対応可能なものとなり、広く利用されています。

特長

  • 低騒音、低振動で作業が可能であり、ほとんどの地質、地盤に適合します。
  • 剛性が高く、止水性にも優れているので周辺地盤に影響を与えません。
  • 機種により壁厚が650mm~2000mmまで選択でき、最大で150mまで掘削が可能な機種もあります。

エレクトロミルEMX-150LH

エレクトロミルEMX-150LH写真
エレクトロミルEMX-150LH図

EMX-150LH型仕様図

掘削能カ 深度100m(MAX150m)
掘削形状 壁厚650mm-1,500mm(最大2,000mm)×壁長3,200mm
回転数 リングカッター Φ760mmx2SET. 30.7rpm/50Hz
リングカッター Φ760mmx2SET. 30.7rpm/50Hz
ドラムカッター Φ1600mmx4SET. 9.1rpm/50Hz
原動機 20kw.6P.400/440V.50/60Hz
油封式水中形三相誘導電動機 4SET
固定ガイド 前後 各壁厚 (mm) 左右3200mm
アジャスタブル
ガイド
油圧シリンダ作動方式
油圧ユニット内蔵形電磁弁遠隔操作方式
前後修正用 8SET. 左右修正用 4SET
前後各壁圧 (mm) 左右 3200mm
リバース口径 Φ150mm
水中サンドポンプ 形式 K-2280
吐出量 6m3/min
全揚程 30m
原動機 75kw.4P.400/440V.50/60Hz
油封式水中形三相誘導電動機
指導方式 インバータ方式
最大通過径 75mm
口径 Φ150mm(6B)
重量 1400kg
重量 約30t(壁厚1500mm時)

ページトップへ

MHL60100AYH

エレクトロミルEMX-150LH写真

MHL60100AYH型 パケット仕様

壁厚(mm) 600・700・800・1000
容量(㎥) 0.65・0.75・0.85・1.05
自重(t) 10.70・11.20・11.50・12.00
全体重量(t) 12.00・12.70.13.50・14.10
支持ロープ Φ20-2x2
開閉シリンダー 1X2
刃先力 13.7Mpa(140kgf/cm2) 417kN(42.5tf)
開き時間 約16砂
閉じ時間 約23砂

施工実績

都市部における地中連続壁は、高架下や路下などの空頭の限5れた場所や十分な作業スペースが確保できない場所に おいて、施工を行うことが要求される場合が多く、当事業部において施工を行なった実績です。
近畿自動車道の桁下で連壁長32mを施工した工事で、桁下空間7.5m)において、特殊クレーン(80t吊)を使用することで難工事を完了させました。
土留め壁は、最終的に本体構造として使用するため、エレメントの継ぎ手構造は、剛接合が採用されているため、接合部の清掃方法や桁下空間内で鉄筋かごの建込み方法・継ぎ手等は工夫されています。

平面図・断面図
写真

使用機材一覧

名称 使用台数
BMX-240 1台
クローラクレーン80t吊 1台
クローラクレーン80t吊 1台
クローラクレーン35t吊 1台
土砂分離機 1台
マッドセバマシン 1台
水槽 1式
サンドポンプ 1式
その他付属器 1式
近畿自動車道桁下(鉄筋かご建込み作業)

近畿自動車道桁下(鉄筋かご建込み作業)

現場作業状況(鉄筋加工場から鉄筋かごを引き起こす作業)

現場作業状況
(鉄筋加工場から鉄筋かごを引き起こす作業)

狭陥な用地や空頭制限での施工上の留意点

狭院な施工用地や空頭制限のある施工条件下では、掘削機および揚重機を小さくするのはもちろん、鉄筋かごを短いものにしていく等の工夫が必要となります。


  • 掘削機は、コンパクトな低空頭タイプとなる「BMX-240」を選定。
  • 安定液プラントは、貯留層を効率良く積み重ねることで、作業ヤードの確保を行いました。
  • 鉄筋かごの建込みについては、上記(右上)写真のような路下でも使用できる特殊ブームを装着したクローラクレーンを用いました。鉄筋かごの1段分の長さは、路下で作業できる長さとしています。
鉄筋かごの吊り込み状況

ページトップへ