HOME > 土木事業本部 > 推進部 工法紹介 > デュアルシールド工法

デュアルシールド工法

概要

デュアルシールド工法は、推進工法とシールド工法を併せ持った非開削による管渠布設工である。掘進機・関連推進設備は推進工法の設備を利用できる。
推進工法で可能な施工区間を施工し、急曲線等難しい残りの区間をシールド工法に切り替えて施工する。
セグメントの組立方法は掘進機内のジャッキ筒に組み込まれたエレクターで組み立てる。

特長

  • 推進区間、シールド区間を同じ掘進機で施工できる。
  • 推進用の設備でシールドも施工できる。
  • 急曲線、長距離の施工が可能。

デュアルシールド工法概要図


施工管路(地上部)

推進管~セグメント切り替え部

ページトップへ