HOME > 土木事業本部 > 推進部 工法紹介

推進部 工法紹介

大中口径推進工法

マッドマックス工法
マッドマックス工法

マッドマックス工法は中大口径の土圧式推進工法で、条件に応じて掘削土砂の搬送方法を選ぶことができ、分割回収型掘進機を使用すれば既設人孔にも到達出来る工法です。

SMCシステム
SMCシステム

近年の推進技術は、急激に発展しており今後もさらに複雑な施工条件の対応や工事費の縮減が求められることが予想されます。そこで、これらのニーズに対応し、長距離・曲線・難条件での推進をより安全・確実・低コスト低コストに施工できるシステムです。

サクセスモール工法 土圧式セミシールド工法
サクセスモール工法

サクセスモール工法は、従来の泥濃式・泥土圧式推進工法の利点(長距離・礫対応・急曲線・省スペースヤードetc.)を活かしながら資源環境・作業環境の問題点を改善し、あわせてトータルコストの削減を追求した工法です。

土圧式セミシールド工法

土圧式セミシールド工法は、カッターと 隔壁を設け、隔壁内に土圧を発生させ、その圧力で地山の崩壊を防止しながら機械掘削していくものです。

泥水式セミシールド工法 泥濃式セミシールド工法
泥水式セミシールド工法

泥水式セミシールド工法は、シールド前面のカッタヘッドを切羽土圧に対抗させ加圧泥水で切羽を保護するものです。

泥濃式セミシールド工法

泥濃式推進工法は、高比重の液状体を切羽部とオーバーカットされてできたテール部に加圧作用させることで、壁面に対して高安定が得られるというものです。
テール部は長時間の安定を図る為、液状体を可塑剤と置換、長距離急曲線に対応させることができます。

ヒューム管推進工法
ヒューム管推進工法

ヒューム管推進工法は、掘進機外殻をCPC鋼管(ケミカルプレストコンクリート鋼管)とし掘進に必要な駆動機器類などを回収可能な状態で組み込み掘進します。 到達後は掘進機内臓機器類のみを回収し、外殻部分は管(構造物)として残置します。

小口径推進工法

パイプリターン工法 アンクルモール工法
パイプリターン工法

パイプリターン工法は、全土質・長距離・全方向の掘削に加え、地中での障害物などにも対応可能で、自動制御システムにより運転操作も簡単な掘削ロボットです。 これにより、推進工事はもちろんのこと、基礎工事・法面工事・パイプルーフ工事など広範囲な施工が可能です。

アンクルモール工法

小口径管泥水推進工法(アンクルモール工法)は掘進機の先端に備えているカッタヘッドで掘削し、礫・玉石等をコーン型クラッシャーローターの強大な偏心力で破砕して推進していく工法です。

コブラ工法
コブラ工法

コブラ工法は、排泥装置を交換するだけで泥水工法と泥土圧工法の両工法が施工可能です。 また、広範囲な土質に対応しており粘土から硬岩Ⅱまで施工できる工法です。

特殊推進工法

パイプルーフ推進工法 デュアルシールド工法
パイプルーフ推進工法

パイプルーフ工法は、大断面シールド・トンネルの上部防護や地中構造物築造時仮設構造物として広く用いられる工法である。

デュアルシールド工法

デュアルシールド工法は、推進工法とシールド工法を併せ持った非開削による管渠布設工です。掘進機・関連推進設備は推進工法の設備を利用できます。 推進工法で可能な施工区間を施工し、急曲線等難しい残りの区間をシールド工法に切り替えて施工します。

ページトップへ